【コードバン】最高級の革製品をあなたに!

Home > コードバン情報 > 希少価値の高いコードバンの革製品

希少価値の高いコードバンの革製品

コードバンは馬から摂れる皮です。
これは牛皮よりもはるかに価値が高い希少な皮革です。
馬1頭からの採取できる量は、ごくわずかです。
もともと馬の生産量自体も極端に少ないので入手も難しく値段も必然的に高くなります。
特徴としては独特の硬質な素材感です。
そして使えば使うほど輝きを増し、艶が生まれます。
そのことから革の中のダイヤモンドと呼ばれることもあるほどです。
きめの細かさとなめらかな質感は素晴らしいです。
それほども価値の高い皮ですので手入れをすればするほど、愛着が出てきます。
使い始めは少し牛などとは違い、固い革といった風ですが、時間が経つごとになじんできます。
年齢が経てばたつほどに風合いが感じられるようになります。
日頃のお手入れは、乾いたやわらかい布などで、ホコリを落とすことを心掛けましょう。
勿論、力任せにこすることは厳禁です。
いたわるような気持ちで優しく撫でるようにふきましょう。



コードバンの良い点には何があるか

コードバンというのは、使うことで輝きが増えるツヤ感や特徴的なかたい質の素材感から、革のダイヤモンド、もしくはキングオブレザーと言われています。
細かいキメがあり、非常にしっとりとしている質感か特徴でもあります。
一頭から採取できる量というのはほんの少しであり、入手するのが難しい素材と以前から言われています。
臀部の厚い革に包まれた厚さが2ミリくらいのコードバン繊維を、きちんと裏から削っていき手間をかけて作っています。
採取していく方法が宝石を発掘するようなので、革の宝石とも言われています。
コードバンというのは非常に丈夫な皮革であり、牛革の2~3倍の強度を持つとされています。
汚れやシミ、そして傷にも強く、非常に長いこと使い続けていくことができます。
それから、使っていけばいくほど特徴のあるツヤが出て味が増していきます。



コードバンの良い部分にはどんなものがあるか

コードバンについては、使用することで光が増すツヤ感であったり特徴のあるかための素材感から、革のダイヤモンドまたはキングオブレザーとされています。
キメが細かくなっていて、とても手触りがよい質感が特徴です。
一頭から採ることができる量についてはほんのわずかで、入手が困難である素材になると昔から言われています。
厚みのある臀部の革に守られた、厚さ約2ミリのコードバン繊維をきっちり裏側から削りだし、時間をかけて作り上げています。
採っていくやり方がまるで宝石を見つけていくのと似ているので、革の宝石ともされています。
コードバンについてはとても立派な皮革であり、牛革の2倍、3倍の強度を誇っているとされています。
汚れやシミ、それから傷にも強く、長い間使用し続けていくことができます。
そして、使用すればするほど特徴のあるテカリが現れてきます。

次の記事へ

カテゴリー