【コードバン】最高級の革製品をあなたに!

Home > コードバン情報 > コードバンの製品は高価ですが、独特の艶が出ます

コードバンの製品は高価ですが、独特の艶が出ます

世の中にはバッグ、財布、小銭入れ、靴、靴べら等いろいろな革製品があります。
その素材も牛の革、鹿の革、山羊の革等、挙げれば切りがありませんが、その中にはコードバンというものもあります。
これは牛のお尻の革のことを言いますが、かなりの希少価値のため、他の革製品に比べても値段的にかなり高価な製品が多いのが実情です。
この革を使った製品で特に多いのはやはり財布ではないでしょうか。
長札財布や二つ折り財布あるいは小銭入れが多いようです。
また、コードバンでできた靴も魅力的で大変人気があります。
財布や靴等、人気の理由はやはり、使い込むうちに現れてくるなんとも言えない艶ではないでしょうか。
しっとりとして滑らかな艶感は他の革製品では出すことのできない独特のものではないでしょうか。
値段は高価でも、何か一つはコードバンの革製品を持つのもいいかも知れません。



強度があり、希少なコードバンの特徴

コードバンといえば、皮の中でも最高級と言われるもので、牛革の2~3倍の強度があるといわれており、最高級ともいわれています。
特徴は、なんと言ってもさらりとした質感です。
また、きめが細かく、美しい輝きを放っています。
それもそのはず、馬の臀部からできる皮なのです、それも、農耕馬の臀部の皮だけです。
自然に住む馬が、生き抜くために身に付けた皮であり、年々希少になっています。
また、コードバンはコラーゲンで作られているため、薄くて軽いのにも関わらず、強度が高いのが特徴です。
仕上げまでには半年から10ヶ月もかかっており、熟練した職人が手間暇かけて作り上げています。
日本で多く流通している革製品の皮は、わずか数日で出来上がることを考えると、とてつもない工程があるのが分かるのではないでしょうか。
使えば使うほど味の出るコードバン。
ぜひとも手に入れたいものですね。



水に弱いコードバンのお手入れ方法

コードバンとは馬の臀部から採れる皮革のことで、滑らかで艶のある質感が特徴です。
農耕馬からしか採れない希少性の高いもので、コードバンは高級品として有名です。
財布やランドセル、靴の素材として使用されており、手触りが滑らかで長く使い込むほどに経年変化を楽しめるのが魅力です。
しかしコードバンは水に弱いという欠点があり、防水対策をしっかり行う必要があります。
使用後のお手入れは、まず柔らかい馬毛ブラシでホコリを払います。
新品で艶を保っているうちはクリームでのお手入れは必要ありません。
柔らかい布でやさしく汚れを拭きあげるだけで大丈夫です。
艶がなくなってきたと感じたら、専用のクリームで磨いて仕上げましょう。
定期的にお手入れしておけば、雨に濡れた場合でもすぐに拭き取れば大丈夫ですが、雨の日の使用は避けた方が無難です。

次の記事へ

カテゴリー