【コードバン】最高級の革製品をあなたに!

Home > コードバン情報 > コードバンの良いところにはどういったものがあるか

コードバンの良いところにはどういったものがあるか

コードバンに関しては、利用することで光輝くツヤ感とインパクトのある硬質な素材感から、革のダイヤモンドあるいはキングオブレザーと呼ばれています。
キメが細かく、そして大変しっとりとしていて手に馴染む質感が特徴でもあります。
一頭から採取できる量に関してはほとんどなく、手に入れるのが厳しくなると当時から言われています。
臀部の革に包まれた厚さがおよそ2ミリのコードバン繊維をしっかりと裏側より削っていき、時間を費やして仕上げていきます。
採取のしかたが宝石を採っていくのと同じようなので、革の宝石とも呼ばれています。
コードバンに関しては、大変しっかりとした皮革であり牛革の2~3倍の強度があります。
汚れやシミ、傷にも強く、長い期間利用し続けても問題ありません。
それと、利用すればするほど味のある光沢が出て、それも楽しみなります。



コードバンの良いポイントはどのようなものか

コードバンですが、独特のかたい素材感や使っていくことで輝きがアップするツヤ感から、キングオブレザーまたは革のダイヤモンドと言われています。
細かいキメで、非常になめらかな質感が特徴となっています。
一頭から採取可能な量はあまりなく、ゲットするのが難しいと当時より言われています。
臀部の厚みのある革に守られた、厚さが大体2ミリのコードバン繊維を正確に裏から削りだし、手間暇かけて作成されます。
採取の過程がまるで宝石を発掘していくのに似ていることから、革の宝石とも属に言われています。
コードバンというのは非常にきちんとした皮革であり、牛革の2倍から3倍の強度があります。
傷や汚れ、そしてシミのようなものにも強く、長期間使っていくことが可能です。
あとは、使えば使うほど独特な輝きがアップし魅力あふれるものになるでしょう。



コードバンの利点には何が挙げられるか

コードバンについてですが、特徴のあるかための素材感であったり使用することにより輝きが増してくるツヤ感などから、キングオブレザーもしくは革のダイヤモンドとされています。
きめ細かく、そして手に馴染む質感が魅力となっています。
一頭から採ることが可能な量は少量で、入手の難易度が高いものとされています。
分厚い臀部の革に包まれた、厚さ約2ミリのコードバン繊維をきっちり裏側より削っていき、エネルギーを注いで作り上げていきます。
採る方法が宝石発掘と重なる部分があるため、革の宝石ともされています。
コードバンについてですが、とてもきっちりした皮革であり、牛革の2~3倍もの強度があるとされています。
傷や汚れ、それからシミなどにも強く、長いスパンで使用し続けることが可能となっています。
また、使用すればするほど特徴のある光を放つようになります。

次の記事へ

カテゴリー