【コードバン】最高級の革製品をあなたに!

Home > コードバン情報 > コードバンのメリットは果たして何なのか

コードバンのメリットは果たして何なのか

コードバンに関してですが、特徴的なかたい素材感や利用することによりツヤがアップすることから、キングオブレザーあるいは革のダイヤモンドと呼ばれています。
細かいキメで手にしっくりくる質感が魅力的です。
一頭から採取可能な量はそれほど多くなく、手に入れるのが困難になると昔より言われ続けてきました。
臀部の厚い革に守られた、厚さが2ミリ程度のコードバン繊維をしっかりと裏より削っていき、丁寧に仕上げていきます。
採取のしかたが宝石を見つけていくプロセスと似ているため、革の宝石とも呼ばれています。
コードバンに関してですが、大変しっかりとした皮革であり、牛革の2~3倍の強度を誇るとも言われています。
傷・汚れ・シミにも強く、長くに渡り利用し続けることが可能となっています。
そして、利用し続けることにより特徴的な光を放つようになり、それもまた面白い点でもあります。



皮革の王様と呼ばれているコードバン

皮革というのはいろいろな物で作られています。
基本的に動物であればなんでも皮革を取り出す、生み出すことができるからです。
その中でも王様と呼ばれているのがコードバンになります。
コードバンとは馬のお尻の革になります。
お尻、というところに重要性があり、柔軟性がありつつ、非常に滑らかで頑丈でもあります。
やや水に弱い傾向はありますが、それでも十分に高性能な皮革となることでしょう。
お尻のみですから、一頭から取ることができる量が決して多くないのでかなり貴重な皮革になるのでそれがそのままダイレクトに価格に影響しているわけです。
ちなみに物凄く厳格にいいますと農耕馬限定の話なのですが、今ではそこまで狭義でやっいるところは少なく、単に馬のお尻の革であればコードバンとして販売しているところのほうが多いです。
品質自体には問題はないです。



キングオブレザーと呼ばれるコードバン

コードバンはのその独特の硬質性と滑らかさから、キングオブレザーと呼ばれています。
或いは革のダイヤモンドと尊称されることもあります。
キメがとにかく細かく、質感がありつつも弾力性もある革です。
一体どこの革、何の革であるのか、といいますと馬です。
それも馬の臀部に限ったものであり、1頭から取ることができるのは、僅かです。
希少性があるからこその革の王様と呼ばれている側面もあります。
使えば使うほど趣が出るのが革製品なのですが、特にコードバンは艶が出ることで知られています。
そうしたところが高い評価を受けている理由でもあります。
かなり高価な皮革ではありますが、財布の一部に使うなど程度であれば意外と一般人でも手に入ることができるようなところにある皮革でもあります。
一生付き合うことができる皮革製品が欲しいならばコードバンにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー